謳粋会とは毎月第2木曜日に開催している飲み会です。
新たな参加者を募集しています!参加者年齢層は20代~80代!

現在、謳水会の記の過去の記事を随時補充しているところです。150回以降で抜けのある回(200回記念、202回~210回、189回、188回、173~179回、152回、151回)の記事をお持ちの方は緒方までご連絡お願いいたします。

【234回謳粋会のご案内】

謳粋会会長 若山 宏(昭36卒)
日時 2月8日 (木) 18:30 開始予定

店名:未定

場所:未定
電話番号:未定
参加費:6,000円 日
本酒持ち込みます

 

◎ 参加の方は2月1日までに何年卒氏名をお知らせください。
Mail:seiichiro.sakurai@nifty.com
電話・FAXの方は2月1日までに担当桜井までお願いします。

ダウンロード
233謳粋会案内.pdf
PDFファイル 198.0 KB

現在までの開催実績については下記のHPをご覧ください。
http://www.geocities.jp/ousuikai/index.html

謳粋会のブログは

http://blogs.yahoo.co.jp/ousuikai/

【謳粋会の歴史】(謳粋会40周年記念誌大野金一記より)

1 謳粋会の起源

東進会の中に「謳粋会」が誕生したのは平成10年9月14日、場所は大塚「玉淀」である。会の目的は銘酒を愛でながらその季節の料理を楽しむということ。

東進会は、年1回の総会・懇親会だけではさびしいので、もっと交流の場をもうけようということから企画された。その人の要は篠田康会長であり、場所の要は「玉淀」だった。

篠田会長は銀座十五番街の割烹などが加盟している「銀座十五番街食味会」の常連であり、平成5年にはその機関紙に連載した記事を纏めて「食味会つれづれ記」を出版された。

会場は、原則として坂本善之氏(昭31卒)が大塚駅南口前で経営されていた食のデパート「玉淀」ということになっていた。最初の平成10年の3回全部、平成11年から13年はほぼ隔月に「玉淀」で開催した。

ところが、平成14年4月坂本氏のご子息が茨城県内でもんじゃ焼きの店を展開しているので都内の店は閉店することになり、平成14年3月が「玉淀」での最後になった。定宿を失うことになった謳粋会は、例会の翌週に開催する篠田会長を中心とする幹事会で、安くて美味しいそして会の希望する銘酒を持ち込める店を選んで開催している。

坂本社長と山口料理長は、食通の篠田会長を慮って各郷土料理の食材を現地に調達に行ったりその地で研修を受けたり、人知れない気苦労をされたと思われる。改めて坂本氏に感謝申し上げたい。

 

2 謳粋会の裏方

篠田会長は平成20年5月10日の奥多摩の澤乃井見学の直前に脳梗塞で倒れられ、その後大分回復されているが、会長の謳粋会に対する情熱は並外れていた。

数名の幹事が例会の翌週集まって次回の企画を相談していたが、大方は食通の篠田会長の案がそのまま通った。

そして、会長ご自身が案内状をワープロ専用機で作成され直近3回位の出席者全員に封書で郵送されていた。宛名はワープロで封筒に印字されていたが、切手は記念切手をわざわざ買い求められ文字どおり心を込めて送られていた。

出欠の取り纏めは未回答者に対する督促も含めて事務局で行なっていたが、会場への予約から確定数の連絡まで会長自身がされていた。

例会の当日は近くの酒屋で銘酒を選ばれて両手に下げて来られた。呑み終わった瓶のラベルはがしは久松君の仕事だった。

当日の料理の内容はもとより出された料理に対する評価を次回の案内状に同封して「謳粋会の記」にこまやかに記される。それには、銘酒の醸造元の杜氏の評判まで書かれ末尾には出席者の座席図まで載せられて来る。

篠田会長が倒れられてからは露木修氏が会長の仕事を代行されて来た。世代の違いで案内状と「謳粋会の記」はEメールでのやり取りが大半であるが、今度はFAX便と従来の郵便との仕分が面倒である。

毎月謳粋会で美味しい料理を堪能し、銘酒を楽しみ、時々郊外に出て楽しいひとときを送れるのも、このような裏方の見えざるご苦労のお陰である。こうして10年も続いてきたことには改めて驚かされる。お二人に改めて感謝申し上げたい。

 

3 謳粋会の昨今

篠田会長が病に倒れてから会長代行として同じように情熱を傾けてこられた前記露木修氏(昭31卒)も体調を崩して職務を全うできないということになり、そのあとを継いだ若山宏会長代行(後に謳粋会会長)も篠田・露木両氏に劣らず情熱を傾けられ、毎回当ホームページに報告されているように、毎月開催日(第2木曜日)の翌週木曜日には次回会場候補の下見をしてきた結果を謳粋会幹事数名に提案して、次回会場を決めている。

謳粋会は毎回20名前後の参加で、先輩後輩親しく懇談できるので若い人の参加も多く、謳粋会に参加したことがきっかけで東進会総会に参加するようになった会員も多い。

【開催実績】

【第233回 平成30年1月11日(木)うお秀銀座本店】

【第232回 平成29年12月14日(木)手作り和食 魚魚魚(うおみっつ)新宿店】

謳水会第232回アルバムはこちら

232回謳粋会の記(会長 若山 宏)

 今回のお店は手作り和食 魚・魚・魚 (うお・みっつ) 新宿店である。地図を見ると場所は私の知っていた文化服装学園の前あたりで、だいたい判るという感じ。甲州街道沿いにあるので安心していた。廣瀬さんにお手伝いをお願いし伊勢丹の日本酒売り場で待ち合わせ。新潟県の八海山 純米吟醸 しぼりたて原酒「越後で候」と宮城県の特別純米酒浦霞2本を購入。今回の参加者数は相澤さんが急遽欠席になり17名である。

 定刻になり一人未着であったが、いつもの会を始めることに。乾杯の音頭は中本さんにお願い、ビールの後日本酒を飲む。

 八海山の純米吟醸は美味しいと有名になった酒だが、今回のはしぼりたて原酒で期待していた。本期待に違わず当においしかった。元々原酒が好きな私。度数が高い割に飲みやすい。のどにすっきり合う。浦霞の特別純米酒は、この酒もおいしいと評判の酒。この酒はいつも間違いがない。今回もお酒の味が良い。美味しくいただけた。

 

料理は

【旬菜】季節野菜を3種の味で 味噌キャベツ・小松菜お浸し・ソース大豆

【味物】あんこ・鶏の南蛮味噌焼き

【割鮮『魚味の祝』五島列島他全国直送鮮魚のお造り】

【酒肴】えいひれ梅水晶奉書巻き・ミヤコボラ貝旨煮

【上物】 するめいかの姿揚げ

【海味肝刺】 えいの肝刺身

【鍋】 海鮮鍋

【汁飯】 オジヤ

 

 旬菜の生キャベツはつけ味噌が良くできていて本当に美味しかった。ソース大豆も美味しかった。味物も美味しくいただいた。お造りは活きが良く美味しかった。酒肴のミヤコガイは初めて食した。これも美味しかった。海味肝刺のえいの肝刺しは何ともいえない感じ。レバ刺しは一度口にしてからそれ以来口にしていない。冷たく冷えていたせいかのどを通った。慣れたら何となく食べられた。海鮮寄せ鍋の魚は活きが良く美味しかった。料理は結構おいしく食べられたが、6時30分に開始して、寄せ鍋が6時50分前に温まって出てきた。既に前菜として4品が出てきていた。あまりにも速すぎてお店にクレームをつけたが変わらず残りの物が次から次へと出てきた。2時間で飲み食いする予定でいるのに。人手不足の生らしいく一気に造り一気に運ぶそうらしい。店選びに注意。

 開始時間に習志野にいた大野さんが登場これで全員揃う。再度乾杯。方々での楽しそうな談笑。会はいつもの会。楽しい風景が続く。時間の経過が速い。あっという間の2時間。集合写真を撮って解散となる。

ダウンロード
232回謳粋会の記.pdf
PDFファイル 207.6 KB

【第231回 平成29年11月9日(木)隠れ家個室居酒屋たくみ秋葉原店】

謳水会第231回アルバムはこちら

第231回謳水会の記(会長 若山宏)

 今回のお店は季節の食材を活かした創作和食たくみ秋葉原店である。廣瀬さんと四谷鈴伝で愛知県の夢山水十割 奥 生<季節限定>純米吟醸原酒・高知県の美潮 純米吟醸 雄町・新潟県の純米吟醸 奴奈姫の3本を購入。今回の参加者数は16名である。

 定刻になりいつもの会を始めることに。今回初参加者の三谷八寿子が見当たらない。そこで久しぶりの参加者である鮏川さんに乾杯の音頭を取ってもらうことに。

 ビールで乾杯の後、奥生純米吟醸原酒を飲む。純米吟醸でアルコール度数が18.5となるとなかなかない。普通あさりした吟醸酒が多いのだがこれはどっしりした重みがある感じ。

しかし淡い香りがして飲みやすい。本当においしいかった。高知のお酒美潮 純米吟醸 雄町も本当においしかった。私にはお酒はこれだという感じであった。新潟の純米吟醸 奴奈姫は今年大火があった糸魚川市にある猪又酒造のお酒で名前が翡翠の産地姫川伝説に出てくる奴奈姫の名称である。名前が気に入って買ってみた。でも飲んでみるとこの酒もおいしい。今回はどの酒も本当においしかった。もちろん値段もいつもより高めであったが。30分後ぐらい初参加の三谷さんが現れたので再度乾杯。座が盛り上がる。

 

料理は

【1品目】本日の小鉢

【2品目】鶏ときのこの秋サラダ仕立て

【3品目】産地直送!新鮮鮮魚5点盛り合わせ

【4品目】馬肉のカルパッチョ

【5品目】大根の唐揚げ~柚子胡椒添え~

【6品目】牡蠣みぞれ鍋

【7品目】〆の雑炊

【8品目】季節のシャーベット

 

 本日の小鉢はビールのつまみとして美味しかった。サラダはサラダである。それなりに食べられた。刺身は活きが良くどれも美味しかった。馬肉のカルパッチョは馬肉に癖がなく美味しかった。牡蛎みぞれ鍋はお店の連絡不都合で肉のしゃぶしゃぶを用意していたが交渉して当初の牡蛎みぞれ鍋を用意してもらった。みぞれ鍋は大根おろしが入っているので美味しかった。大根の唐揚げは大根を揚げただけであった。

 会はいつもの会。お酒が本当においしかったので盛り上がった。料理の小さいトラブルで間延びしたにもかかわらず。・・・会話が方々弾みほんとうに楽しそう。時間が経つのは早い。集合写真を撮って解散となる。

ダウンロード
231回謳粋会の記.pdf
PDFファイル 233.3 KB
ダウンロード
これまでに飲んだ店と酒 その3
205回(平成27年9月)~
LISTc.pdf
PDFファイル 56.8 KB
ダウンロード
これまでに飲んだ店と酒 その2
138回(平成22年2月)~204回(平成27年8月)
LISTb.pdf
PDFファイル 106.5 KB
ダウンロード
これまでに飲んだ店と酒 その1
1回(平成10年9月)~137回(平成22年1月)
LISTa.pdf
PDFファイル 222.6 KB

謳粋会長 若山宏 w-1942@ph.highway.ne.jp

謳粋会事務局 櫻井成一朗 seichiro.sakurai@nifty.com